【 京都出身 】

京都のキャバクラで働く場合に出身地は問われない

京都という街は、少し特殊な雰囲気がありますよね。
独特というか、同じ関西でも大阪や兵庫、滋賀などと比べてそれらの地域とは決して相容れない、そんな風潮や文化も感じることができます。

これは悪いことではありません。
京都のこの風潮や文化によって古き良き時代の日本が守られているわけですし、観光客も国内のみならず海外からも続々と訪れているわけですから。
もちろんキャバクラにも。
京都は、日本の価値向上や経済発展に寄与している地域の代表ですよね。

ただ、こういう京都の雰囲気が、京都のキャバクラで働こうかどうしようか考えている女の子にとって、ちょっとハードルを高くしていることもあるようです。
「京都弁が話せないと働けないの?」と思ってしまったり、「生粋の京都人じゃないと採用されないかもしれない」と不安に感じてしまったりするみたいです。

ハッキリと言っておきたいのは、京都のキャバクラで働く女の子に対して、まず出身地は問われないということ。
出身地で区別して採用か不採用かを決めるお店はほとんどありません。

確かに京都のキャバクラに訪れるお客さん、特に観光客の男性たちは京都弁というものを期待する人も多いでしょうけど、働けるかどうかはまた別のお話ですから、あんまり気にする必要はないでしょう。

京美人である必要はない

「京美人じゃない」ことにコンプレックスを感じる必要ももちろんありません。
そもそも、京美人じゃないかどうかなんて厳密な線引きはないですからね。
美人だったらどの地域であっても美人ですし。

京美人じゃないと売れないかと言えば、それももちろんそんなことはありませんよ。
キャバクラ嬢に大事なのは愛嬌や愛想、明るさや空気を読めるかどうかだったりしますし、それは京都のキャバクラでももちろん同じで、いくら美人さんでも今挙げたような要素を一切持っていなければ売れっ子にはなれませんから。

京都弁が話せないとか話せるとかもそうだし、生粋の京都人かどうかも、結局は同じこと。
それよりもキャバクラ嬢として大事な要素を持っていれば絶対にお客さんには気に入られるし、しっかりと指名を受けて稼ぐことができます。

やる気があるかどうか、自分の個性やワザで勝負できるかどうか、これですね。
京都のキャバクラは女の子同士の競争も激しいですけど、自分というものをしっかりと持って積極的にチャレンジしていけば出身地は問われない、これだけは確かですから、自信を持って飛び込んでみてください。
きっと、「京都のお店を選んでよかった」と思えるはずです。