【 苦労と解決策 】

京都のキャバクラで働く苦労とは

たくさんお金を稼ぐことができる、綺麗なドレスを着て凝ったヘアメイクもできる、男性にチヤホヤされてお嬢様気分を味わうことができる…。
キャバクラ嬢になると得られるメリットや快感というのは、これだけいっぱいあります。

でも、京都のキャバクラで働くと、ちょっとしたデメリットというか苦労を感じることにもなるでしょう。
他の地域にはない苦労も、京都のお店にはあるのかもしれません。

観光客による過度なボディタッチと下ネタ

男性から執拗なボディタッチをされるとか、下ネタ連発とか、そういうのは他の地域でもありますけどね。
でも、京都のキャバクラのお客さんは観光客が多い、これがそれを助長させているところがありそうです。

観光客って、基本、開放的になってるじゃないですか。
気持ちが大きくなってることが多いから、執拗なボディタッチも下ネタ連発も、オフィス街とかその近くにあるキャバクラとは違って、京都のお店ではちょっと度が過ぎていることがあるんですよね。

外国人観光客が多いというのも、さらにそれに拍車をかけている感があります。
外国人観光客は、日本のキャバクラのシステムとか礼義みたいなものをあまり知らない人も多いですから、お酒が入るとボディタッチが増えたりするんですよ。

京都のキャバクラで働き始めたばかりの女の子は、こういうところにちょっと戸惑うことがあるかもしれません。

外国人観光客とのコミュニケーション

外国人観光客といえば、言葉の壁。これに苦労する人も出てくるでしょう。
日本でも義務教育で英語は習いますから、簡単な単語くらいは知っているかもしれませんけど、それでも日常会話が喋れるほどの人はほとんどいないはず。
京都のお店に勤めている女の子も、さすがに英語がペラペラの人は少数です。

でも、外国から来ているお客さんはとても多いから、言葉の壁を感じて戸惑ってしまう女の子が多いんですね。

しかも、英語だけじゃありません。
最近では中国とかアジアのお客さんも多いし、ヨーロッパや南米系のお客さんもいるから、そうなるともう言葉の壁がどんどん高く厚くなっていくばかり。
そこはなんとか愛嬌とかノリでやり過ごすしかないでしょう。

解決策は「全部ノリ」で可愛くやり過ごすこと

そう、執拗なボディタッチも、下ネタ連発するお客さんも、外国人観光客との間にできる言葉の壁も、全部ノリでなんとかするのが一番!
このノリが作れる女の子は、京都のキャバクラでも絶対に生き残っていくことができますし、たくさん稼ぐことができるはず。
ボディタッチや下ネタが激しい人ってお調子者が多いから、そういう人に気に入られるとお酒とかどんどん入れてくれたり延長してくれたりする可能性大。つまり、お金を落としてくれるチャンスが大きいんです。

ノリさえよくできれば京都のキャバクラで働く価値は大いにありますよ。
苦労と収入アップは、しっかりとリンクしています。
それを知っておけば、きっとやりがいもやる気も出てくるでしょう。