【 稼ぐキャバ嬢の行動 】

「どうやったらたくさん稼げるのか」について知りたい人や、その方法が気になる女の子は多いのでは?
せっかく京都のキャバクラで働いても、稼ぐことができなければ意味がないですよね。
昼間のお仕事と同じ稼ぎなら、わざわざナイトワークなんて選ばないという女の子もいるはず。

京都のキャバクラに勤めていて、なおかつたくさん稼いでいる女の子は、そのための努力を色々としています。
そのための行動を色々と起こしているんです。

稼いでいるキャバ嬢がしていること「同伴出勤」

その一つが「同伴出勤」と呼ばれるもの。
どの地域のキャバクラでも大抵このシステムがあるはず。
女の子がお店の外で男性のお客さんと落ち合って、一緒に食事をしたりなどしながら楽しんだ後に二人でお店に行くスタイルの営業活動ですよね。
「仕事以外の時間もお客さんと会わなくちゃいけないの?」と思った女の子、そんな考えでは稼げませんよ。

同伴にはボーナスが支給されることもあるし、時給アップにつながることもあるんです。
それ以上に、お客さんからの指名は確実なわけですから、必ず収入に反映されます。

稼いでいるキャバ嬢がしていること「アフター」

一方、お仕事が終わった後でお客さんと一緒にお店を後にすることを「アフター」と呼びますけど、これもたくさん稼いでいる京都のキャバクラ嬢がしていることの一つ。

お客さんとデート気分を楽しむことで、そのお客さんの心を繋ぎ止めておくことができます。
次の指名にも繋がりますから、「疲れたー」とか「面倒くさいー」なんて言わずに、せっせとアフターに励みたいですね。

お客さんと別れた後には、お礼メールも入れておきましょう。
次の来店や指名の催促をせずに、ただただ今日のお礼を伝えるだけの内容にしておくのがポイント。

お礼メールも内容がしつこかったりお願いや依頼ばかりになってしまうとお客さんが離れていってしまいます。
適度な距離を保ちつつ、とにかく「一緒の時間が過ごせて楽しかった」ということを伝えるように意識しておきましょう。

稼いでいるキャバ嬢がしていること「キャバ嬢仲間と食事」

同伴やアフター、お礼メールというのは、全部お客さんに対して行うこと。
それ以外にも大事な作業というか、行動があります。
それは、キャバ嬢仲間と食事に行くことです。
これも面倒に感じる人が多いかもしれませんけど、キャバ嬢仲間と食事をすることは結構勉強になるんです。
色々な情報がゲットできるし、売れている女の子の秘密なんかもわかっちゃったりすることも…。

自分だけのスタイルで稼げる人は、ほんの一握り。
だったら、他のキャバ嬢が積極的にやってることをどんどん取り入れないと。
そのための有効な手段が、キャバ嬢仲間と食事をすることなんですね。

稼ぐキーポイントは「いかにマメに行動できるか」

全ての行為に当てはまることですけど、マメに行動するようにしましょう。
マメな女の子は、必ず男性に気に入られます。

気に入られれば、それがお金に必ず変わりますから、キャバクラ嬢としてたくさん稼ぎたいなら、マメな行動が鍵を握ると覚えておいてください。