【 他との違い 】

キャバクラって、地域性が出るところが面白いんですよ。
と言っても、いろいろな地域で働いた経験を持つ女の子はあまり多くないでしょうから、比較のしようがないですよね。

京都のキャバクラで働くことに狙いを定めているなら、せめて「京都のお店と他の地域のキャバクラとの違い」これは事前に知っておきたいところです。

京都のキャバクラは「和風の雰囲気を大事にする」店舗が多い

さすがは京都といったところか、和風の雰囲気を大事にしているお店が多いです。
キラキラと洋風な雰囲気で、ゴージャス感を出しているお店も多いんですが、そんな中でもどこかに和風の雰囲気を取り入れているんですよね。

女性も和風の雰囲気を漂わせる人が多いです。
ドレスを着ていてもそういう雰囲気が滲み出てくるのは、やっぱり京都のお店ならでは。

京都のキャバクラは「おだやかな女性」が多い

女性の雰囲気といえば、おだやかな女性が多い印象もありますね。
内に秘めてるプライドは高いんですよ、京都の女性って。
でも、やっぱり表面的な部分では人当たりもいいし愛想もいいし、全体的にとてもおだやかな女性が多い。

わざわざケンカを売るようなことをしなければ、仲間に入れてくれて、優しく接してくれるようなキャバ嬢が多いと感じることができるはずです。

京都のキャバクラは「経営者が優しく店の雰囲気がいい」

キャバクラ経営者が優しい、これも京都のキャバクラの特徴かもしれません。
地域によっては厳しかったり偉そうだったりするんですが、京都のお店ではそういう経営者は少ないです。
これも土地柄なのでしょう。

キャバクラ経営者が優しいと、キャストもやる気が出ますよね。
店内もギスギスしないし、仕事も長続きします。

京都のキャバクラは「観光客がお金を沢山使ってくれる」

今まで挙げてきた京都のお店の特徴は、多分、観光客が多い影響なのかもしれません。
観光客がお金を沢山使ってくれる、もちろんお店も儲かる、キャバクラ経営者もウハウハ、お給料が多いからキャストもストレスがあまり溜まらない。
沢山の観光客が訪れるのは、京都ならではの和風の雰囲気がどこかに感じられるから。
全部いい具合に繋がっていそうですね。

特に外国から来た観光客がお金を沢山使ってくれるんですよ。
今、円安じゃないですか。
円の価値が安いっていうことは、海外の人にとって日本で旅行したりお買い物をするのが、とてもお得になるんです。
もちろん、キャバクラで遊ぶのも。

外国人観光客の存在というのは、京都のキャバクラの重要な収入源になっているわけです。
これは他の地域とは決定的に違う部分でしょうね。

緩く働きながら、でも頑張れば頑張るほどかなりの収入が得られる。
そんな特徴を持つ京都キャバクラを体入ドットコムなどで一覧から検索して、自分に合った優良店で働いてみませんか?