【 体験入店 】

体入してからお店に本入店しよう!

キャバクラと呼ばれるお店の多くは、新しく働こうと考えている女の子に対して「体験入店」をしてもらう制度を設けていることが多いです。
略されて「体入」なんて言ったりもするんですけど、京都のキャバクラで働こうと考えている女の子も、まずは必ずこの体入をしてからお店を決めるようにしてください。

「体入ドットコム関西版」がとっても便利!

体験入店をしているお店はどうやって見つければいいのか、という疑問を持つ人もいるはず。
大丈夫です!「体入ドットコム関西版」を使えば自分にぴったりのお店がすぐ見つかります!

ここは関西圏のナイトワークの求人を取り扱っているサイトなんですけど、その中でも体入ができるお店を集めてくれている求人サイトなんです。
ここに掲載されている京都のキャバクラなら全部体入ありですから、「ここは体入あるかな?ないかな?」なんていちいち気にしなくてもOKですよ。

画像出典元:http://tainew-kansai.com/

体験入店ってどんな制度?

そもそもなんで体験入店なんていう制度があるのでしょう。
それは、実際にお店で働く女の子にとっても、そしてお店側にとってもメリットがあるからなんです。

働いてみてから「思っていたお店と違う、辞めたい」なんて思っても、なかなか辞められないですよね。
そんなことにならないために体験的にお店で働いて店内やお客さんの雰囲気を感じてもらおうという目的で設けられているのが、この体入制度。

体入は両者にとってもメリットがたくさん!

京都のキャバクラって、数が多いだけに店内の様子もお客さんの層や雰囲気もお店によって全然違うんです。
簡単に言ってしまうと、自分に合うか合わないかを判断するためのシステムなんですね。

逆に体入なしで入店してしまうと、仕事が全然続かなかったりストレスが溜まったりして大変。
それを防ぐためには、絶対に一度体験してみることが重要なんです。

一方、女の子を雇う店舗側も判断材料が必要になってきます。
「この子はこのお店に向いているかな?」ということを考えなければならず、その判断をするには実際に働いてもらわないとわからないことも多いので、体入制度を設けて資質や相性、お店とのフィーリングをみているわけです。

働く女の子にとってもお店にとってもこのフィーリングがとても大事。
長く働く、あるいは長く働いてもらうためには絶対に必要不可欠なもの。
だからこのシステムがキャバクラのようなお店では幅広く採用されているんですね。

体入ドットコム関西版なら、体入時の時給でも求人を選ぶことができます。
ここが最大のメリットかもしれません。
体験入店でも高時給のお店が京都のキャバクラには揃ってますから、どんどん探して体入してみましょう!

キャバクラで働く上で苦労することも知っておこう

【 源氏名 】

キャバクラで働くなら真剣に考えたい「源氏名」

キャバクラで働くとなると、まず最初にしなければならないのが、お店で使用する名前、いわゆる「源氏名」を決めること。

まさか本名で働こうとは思っていませんよね?
本名はダメ、これは基本中の基本。

  源氏名に本名がNGな理由「情報社会」

なぜ本名はダメなのか、これには主に2つの理由があります。
今は情報社会です。
例えば、昔の彼氏が今何をしているのか、特に連絡を取り合っていなくても、インターネットでその名前を検索すれば大体の情報が掴めてしまいます。

もしキャバクラで本名で働いていたら?
お客さんはその名前を必死で検索して学校や会社、住所などを突き止めてしまうかもしれません。
でも、本名をバラさなければそういう目には遭わないので、源氏名というものをしっかりとつけておく必要があるんです。

  源氏名に本名がNGな理由「仕事モードに切り替える」

もう1つは、スイッチを切り替える役割を果たしてくれるというメリットがあるから。
本名だと仕事とプライベートの区別がつかないこともあるでしょう。
本名とは異なる、お店だけで通用する名前をつけておくことで、仕事モードに切り替えることができるんです。
この効果は実際に働いてみるとわかるはず。

「売れネーム」って?

さて、源氏名には売れネームと呼ばれるものもあります。
売れるために必要なネームのこと。
ただ、売れネームはすでに多くのキャバクラ嬢が使っているので、今から働こうと思っている女の子は、かなり選択肢が限られてしまうかもしれません。

ただ、売れネームにはある一定の法則もあるので、それに沿っていれば、新しくつけた自分の名前が売れるためのキッカケになる可能性が出てきます。
それを狙いたいですね。

京都のキャバクラで働くなら、まずは京都っぽさを意識したいところです。
京都っぽさってなんだろう?と考えてみてください。
できれば漢字で。
そうすると、「雅」とか「華」とか「条」とか「都」とか、色々と浮かんできますよね。
「京」もそうだし「和」、「宮」、「桂」なんかも浮かんでくるかもしれません。

こうした文字を入れれば、京都っぽさが出た源氏名を作ることができます。
もちろん、響きを優先してひらがなで名前をつけてもOKです。

覚えやすい、でも他の人とは被っていない。
そんなことも意識したいですし、お客さんのスマホなんかの電話帳に登録してもらう時に見つけやすいよう、「あ」で始まる名前にするっていうのもアリ。

上の条件の全てをクリアした源氏名をつけるのは簡単ではないですけど、京都のキャバクラで働くならこの名前も重要な武器の一つになりますから、とにかく真剣に考えましょう。
名前一つで、本当に売れ方や指名数、そして稼ぎが変わってきますよ。

京都のキャバクラで稼ぐ為の秘訣とは?

売れ子っ子キャバ嬢になるとこんなメリットが!

【 キャバ嬢の女性がつける源氏名ランキング 】